東京シネアドボ 「格差を包む信仰 映画が描く東南アジアの赦しと救済」

混成アジア映画研究会×国際交流基金アジアセンター presents シンポジウム・上映

 

民族や言語、経済状況の違いによって人々の間に生まれる壁。東南アジア地域では、多民族・多言語の人々が暮らす社会や、著しい発展の一方で経済格差が進んでいく状況の中で、多様な人々が共生していくための努力が重ねられています。

様々な生活環境の下に暮らす人々の関係を下敷きに描かれた東南アジア映画と、それらに向けられる検閲や批判を通して、自らと異なるものを排斥する傾向が強くなっているようにも見える今日の世界の状況とも照らし合わせながら、互いを理解してその壁を乗り越えていく方法、赦しと救済について考えます。

※入場無料・予約不要 定員90名
※詳細情報は上のポスター画像をクリックしてご覧ください。

日時
 2019年11月15日(金)14:00~20:45(13:30開場)
会場
 国際交流基金 ホール[さくら](東京都新宿区四谷4-4-1)

プログラム
 13:30 開場
 14:00 開会ご挨拶・当日のご案内
 14:15 参考上映 映画『グブラ』
 16:15 休憩
 16:30 シンポジウム
 17:10 パネルディスカッション・Q&A
 18:40 休憩
 19:00 参考上映 映画『アット・ザ・ホライズン』

シンポジウム
パネリスト
 山本博之(京都大学)
  「罰するのは誰か―契りと定め」
 橋本彩(東京造形大学)
  「来世につなぐ功徳と赦し―社会悪とカルマ」 モデレーター
 西芳実(京都大学)

参考上映 『グブラ』
マレーシア、2005年、113分、DVD、マレー語・英語・広東語(日本語・英語字幕)
監督:ヤスミン・アフマド
マレーシアの地方都市で、つましくも満たされた暮らしを送る宗教指導者の夫婦が、それぞれの家族を守るために身をひさぐ2人の女性に寄り添おうとする。マレーシアでの公開時には、型破りなイスラム教の指導者像が一部の批評家から激しく攻撃された。(物語の一部は同監督の『細い目』(10月11日から全国で順次公開)の続編にあたります。) (photo (c) Nusanbakti Corporation)

参考上映 『アット・ザ・ホライズン』
ラオス、2012年、101分、DVD、ラオス語(日本語・英語字幕)
監督:アニサイ・ケオラ
経済成長が著しいラオスの首都ヴィエンチャンにおける格差問題を2つの家族から描いた作品。父親の権力を背に傍若無人に振る舞う青年シンと、障がいを持ちながらも家族と幸せに慎ましく暮らすラットは、ある事件をきっかけに互いの人生に深く関わっていく。検閲の厳しいラオスにおいて、現代社会の問題に鋭く切り込んだ監督のデビュー作。 (photo (c) Lao New Wave Cinema Productions)

主催
 混成アジア映画研究会
 国際交流基金アジアセンター
協力
 京都大学東南アジア地域研究研究所
 科研費プロジェクト「物語文化圏としての東南アジア」
問合せ
 国際交流基金アジアセンター文化事業第一チーム山野(jfac_film@jpf.gp.jp)